“本質”は意外とシンプルだったりする。

2019-12-17思考・考え方

“本質”は意外とシンプルだったりする アイキャッチ

この記事を読んでほしい人

  • “でも” “だって” って言ってしまう人
  • すぐ難しく考えてしまう人

この記事では

“本質”は意外とシンプルだったりする。

というテーマで“本質とは何か”について説明してきます。

本質はシンプル

断言します。

本質はシンプルです

大辞林によると本質は

本質・・・

物事の本来の性質や姿。

それなしにはその物が存在し得ない性質・要素。

を意味しています。

なんとなくの意味で使いがちな“本質”ですが

本記事では

【物事で一番大事にすべきこと】

という意味で定義します。

例えば

  • 文章を上手く書くために一番すべきこと
    文章を毎日たくさん書く

 です。

その他にも文章を上手くなる要因として、

  • ライティング方法を学ぶ
  • 文章が魅力的な人から教えてもらう

なども考えられますが、

“一番” 大事な要素が “本質” だと思っており

この場合は、文章をなるべく毎日たくさん書く。

が一番重要だと僕は考えています。

多少の個人差はあるかもですね。

本質が掴めているか

物事が上手く行かない時

一番最初に確かめるべきことは

“本質が掴めているか”です。

“本質?そんなもの、わかってるよ〜”

と、多くの人がわかっているつもりになりがちですが

当たり前過ぎて気付けて居ない人が大半です。

自戒も込めています。僕もお耳が痛い。

例示していきます。

圧倒的なソフトがないとハードは機能しない

キングコングの西野さんが

voicy(ボイシー)というラジオアプリで

“クリエイターが集まる「場」を作りたい”

よくこうやって相談されるけど、これだけだと

クリエイターが“集まる理由”が無い。 

「場」をつくりたいのならば当人が圧倒的なクリエイティブをすべき

“圧倒的なソフトがないとハードは機能しない”

とおっしゃってました。

*上記は超要約しています。原文は下記から聞けます。

クリエイターが集まる「場」が作りたいのならば、クリエイターが集まるメリットを提示すべき

クリエイターが集まる「場」が作りたいのならば、

クリエイターが集まるメリットを提示すべき

“当たり前やん”

と思うかもしれませんが多く場合

“クリエイターが集まる「場」を作りたい”

と考えていくうちに気づいたときには

クリエイターではなく

「場」にフォーカスをしてしまい、

  • 立地は良いか
  • 固定費は妥当か、相場より安いか。
  • おしゃれでSNS映えするか

など場のことばかり考え

“クリエイターどうすれば集まりたくなるか”

みたいなところは後回しになりがちだったりします。

繰り返しになりますが、

本質はシンプルです。

この場合だと

クリエイターが集まる場つくりにとって

 一番大事にすべきことは何かを考えるべきです。

 具体的には

  • “クリエイターが集まりたい場所作りにフォーカスする”
  • そのためにクリエイターが集まりたい場所はどんな場所か?  

を考えていくことが“本質的”です。

ちなみに西野さんの場合だと

“圧倒的なソフトがないとハードは機能しない” 

「場」をつくりたいのならば当人が圧倒的なクリエイティブをすべき

と考え、実際に西野さん自身も芸能活動だけでなく

絵本を書いたり個展を開いたりされており、

主体的にクリエティブを行っており、

その結果たくさんのクリエイターを巻き込んでいます。

ゆえに言っていることも納得感が強いです。

まずとりあえずやってみる。

“んーなんかよくわかんないや”

という方もまずは鵜呑みにしてみて

小さくても自分なりに行動してみることをおすすめします。

“クリエイターが集まる場つくり”の場合だと

自分がクリエイターになってみるとかですね。

やはり、やらないとわからないことが多いです。

とりあえず小さくでもやってみましょう。

“でも、そんな時間無いしなぁ”

とか言い出したら危険信号です。

野球に例えると

  • ボールも触ったこともないのに
    “どうしたらプロ野球選手になれるかな?”と考える
  • キャッチボールして、2回ぐらい練習試合したあとに
    “どうしたらプロ野球選手になれるかな?”と考える

まだ下のほうが“何をすべきか”

明確にわかりそうですよね。

更に試合の数が多くなって、練習する量が多くなっていくほど、

どうすればプロ野球選手になれるかがより明確になっていきます。

これもまた当たり前のことなんですが、

やはり多くの人たちが、始める一歩目が怖くて

何も行動しないまま終わっていきます。

やった後で“なぜ”を考える

そして一旦やった後で

“これが自分にとっても一番大事にすべきことなのかな?”

と問うべきです。

クリエイターが集まる場作りの場合だと

キングコングの西野氏は

“クリエイターが集まる「場」を作りたい”

「場」をつくりたいのならば当人が圧倒的なクリエイティブをすべき

 “圧倒的なソフトがないとハードは機能しない”

と考えています。

しかしコレ自体は西野さんにとっての“本質”であって

あなたにとっての“本質”ではないかもしれません。

最初は“これが本質だ!”と鵜呑みにして有名人の真似でOKで、

むしろとりあえずは始めるべきなのですが

徐々に“自分にとって大事にしたいことってなんだろう”

と問うことで少しづつ自分にとっての“本質”が定まってきます。

本質とは・・・何を一番大事にすべき

本質とは、シンプルです。

本質とは【何を一番大事にすべきか】です。

なので人によって異なる場合もあり、

プロ野球選手になる方法の本質を尋ねても

  • 圧倒的な練習
    と答える人もいれば
  • 圧倒的な指導者、そしてコネクション
    と答える人もいるかもしれません。

 この本質の裏付けには

  • 自らの経験、実績からの【権威性】

だったりします。

仮に僕が、プロ野球選手になる本質を語ります。

といっても、僕はプロ野球選手になっていないので説得力ゼロですよね。

これがイチローさんが言っていたとすると

“うぉ、高まる。俺も毎日練習ゥ…!”

となります。

少し話はそれましたが、

本質自体はとてもシンプルです。

有名人の“答え”を参考にしつつ

自分なりの“本質”を見つけていきましょう。

スポンサーリンク

Posted by さとき